蛮奴ミサイル 高橋ケンヂの「不埒な風景」

不埒で不謹慎な毎日を、やたらデカい音で明るく真面目に肯定するギターバンド、「蛮奴ミサイル」のVo&Ba.高橋ケンヂのblog。好きな物は「カレー」と「CAROL」と「アロハシャツ」!!

明日はジャロニMOND!

さぁ、明日はジェロニMONDの今年初ライブ!
俺もヌマも手術後復活第一弾なんで、妙にヤル気だゾ!
しかも対バンは盟友Hip-de-dip。
飲み過ぎない様細心の注意を払うゾ!!

5/26(fri)
RJGB presents [ GO ON!]@吉祥寺ROCK JOINT GB
act)ジェロニMOND / Hip-De-Dip / GROWING`S /
open 18:30/start 19:00
前売り¥2500+1drink/当日¥3000+1drink

オレらの出番は19:40から。

さっき全ての準備が終わったゾ。
右手がまだ痛いから、弦替えられるか心配だったんだけど、何とか出来た!!

それじゃぁ明日は、ROCK JOINT GBで俺と握手!!

夜露死区〜!!

Broken Hand3!

「タカハシさ〜ん、タカハシさ〜ん!」
東京湾に沈められたかの様な、深い深い眠りを強制的に起され、ガンガン話しかけられる。

「オォ、手術だったなぁ…。」
モヤモヤして重たいアタマで、無理矢理状況に迎合しようと見栄を張っていると、手術台からストレッチャーに乗せ替えられ、病室に移動される。
しかしポコチンは丸見えだ。

移動中、若い看護婦さんに「ポコチン見た?普段はもっとスゴイよ。」恥ずかしさを打ち消す為、手術直後の患者とは思えない様な軽口を叩くが、苦笑いで躱された。
そっか、これがセクハラなのか…。

病室に着くと、点滴2本に酸素吸入器でがんじがらめ。両腕も尿道もかなり痛い。
手は栄養と痛み止め、尿道は恐らく全身麻酔で気絶中、シッコ漏らしても良い様、管を突っ込まれたんだろう。
しかしコイツは淋しい病気の10倍は痛いゾ。

「うぅ、さっきまでヒモじいだけでピンピンしてたのに。手術したらかえって病人らしくなった…。」

ポコチンの看護婦さんにカラダ中痛む旨申告すると、痛み止めの点滴の量を増やしてくれた。
すると、次第に痛みは柔らぎ、何だか日常感が薄れてくる。
「コレは! 知ってるゾ! ナンか懐かしい感覚だゾ!」
内心歓喜するオレ。

その様子を見てた看護婦さんは心配して、
「ダイジョブですか?気持ち悪くなったりしてないですか?」と尋ねてくるんで、
「ダイジョブですよ、気持ち良いですよ。」
フニャフニャの状態で答えると、呆れた看護婦さんに'いかりや長介'の表情で見下された。
真面目の道って険しいよなぁ…。

っと云う訳で手術は無事成功!
早速次のライブ決まったゼ!

5/26(fri)
RJGB presents [ GO ON!]@吉祥寺ROCK JOINT GB
act)ジェロニMOND / Hip-De-Dip / GROWING`S /

open 18:30/start 19:00

前売り¥2500+1drink/当日¥3000+1drink

オレらの出番は19:40から。

ヌマもオレも手術で入院後の復活初ライブ。
何時もよりもっとハリキるゼ!

夜露死苦〜!

Broken Hand2!

入院初日は雨だった。
ライブの時、やたら雨に悩まされるけど、まさか入院の時まで…。
歩いて10分程度の距離だが、荷物が有るんで電車に乗った。

以前に入院したのは、もう30年以上前、高校の夏休みの時バイクで事故って死にそうになった時だった。
あん時は救急車で運ばれて突然入院したから、こんな風に自ら荷物もって入院するなんて変な感じだ。

手術は翌日なんで、看護婦さんによる院内の説明と担当医からの軽い聴き取り(取調べではない)の後はする事がない。

ご飯食べた後はゲームしたり本読んだりして過ごす。
アッと言う間に消灯時間である22時になった。
しかしそれまで朝方まで呑んだくれて気絶する様に眠る生活を続けてたオレ様、ケガして以降飲んでないんで不眠症だ。
結局一睡もしないで夜が明けた。

ヒモじい、猛烈にヒモじい…。
手術に備え昨夜21時以降食べ物、0時以降は水さえ口にしてはならない為、イライラしてやり切れない。
同室の患者が食事を摂るのを静観出来る自信はないので院内を散歩したりしてやり過ごす。

16時からの手術予定だったが、早まって15時からになった。
ツイてる。
この飢餓状態が少しでも縮まるなら恩の字だ!

手術着に着替えノーパンのまんまエレベーターに乗り手術室へ向かう。
すると帽子もマスクも手袋も服も、全て緑色に統一されたミドリ団に出迎えられた。
「イヤァ、アイサレンダーみたいですなぁ。」軽口を叩くがアラフォー世代の若い医師団には通じなかった…。

手術台に寝転がり、吸入器で麻酔薬を嗅ぐと、何日も殆ど寝てなかったから、一瞬で気絶した。

-つづく-

クサレテル!

右手の骨折に加え、風邪もひいた。
その上顔面の皮膚もナンか変になってる。
何だろう、天中殺か?

骨の髄からボロボロだぁ〜…。

Broken Hand!

3週間程前、 Hip-de-dipのライブを観に荻窪Docterへ行って来た。
対バンでクボヤンが出てたり、蛮奴ミサイルのGt.YAHATA他知ってるヤツが一杯居たんで楽しい気持ちが湧き上がり、しこたま飲んだ。
朧げに残る記憶は、最後4人程で店が終わるまで居た事位....。

-そして翌日-

目が覚めると自宅で革ジャンバー着たまんま寝てた。
珍しい。どんなに酔っぱらってても大抵着替えて寝るのに....。
寝る着に着替えて更に寝ようとするが、何故か右手の甲が痛い。
しかし外で飲んだ翌日、何処か痛いのなんて毎度の事だから気にせずまた寝る。

夕方になって`眠りのもと`も失せたので、起きようとするがそれにしても右手が痛い。
「折れてんのか?指は動くからそんなコタァ無いよなぁ...。」
気付けばどんどん腫れて来た。良くない兆候だ...。
しかし時は春の3連休、医者に行こうにも開いてないんで暫し静観するにした。

その後も右手は一向に改善の気配なく、これまで経験した時ない痛みに襲われる。
「ノォ〜、コイツはオカしい。ただの打撲じゃないな。ヒビ位入ってるかもだゾ。」

そして連休明けの火曜日、近所の整形外科に行くと、レントゲン写真を見ながら説明される。
「ここ線みたいの見えるでしょ?コレ折れてるんだよ。ウチじゃ出来ないんで紹介状書いたげるからT医大病院に行って手術した方が早いよ。」

「へ?」

「付き難い所だからギブスだけだと半年位掛かるよ。」

骨折だ、生まれて初めて骨折った。

早速ギブスを装着される。これも生まれて初めて。
「こういう暖かい物なんだ...。」
妙な事に感心するオレ。

翌日、旧西新宿アジトの向い、T医大病院に行くとやはり手術、しかも今度の日曜から入院だと云う。
あまりに意外な展開が続くので、騒いだり興奮したりする気もしない。
淡々と指示に従い、入院に向け照準を合わせる。

しかし、原因は何なんだ....。

-つづく-

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

KJBM

Author:KJBM
蛮奴ミサイル
高橋ケンヂ
東京は三多摩地区出身。
Picoダンス・Sap Hippo・ニヤニヤ・Hash-Hush・Big Pink・ケンメリ等、数々のバンドを経て現在は蛮奴ミサイルでVo&Bass&コンポーザーとして落ちついている。
また、ソロアーティストとしてもライブ活動中!
2013年2月5日istCD「狂ったヴァカンス」(CFCD-1301)全国発売開始!!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (20)
告知 (84)
感慨 (86)
報告 (73)

スケジュール

5/26(fri)RJGB presents [ GO ON!]@     吉祥寺ROCK JOINT GB     act)     ジェロニMOND/ Hip-De-Dip / GROWING`S /      open/18:30   start/19:00   day/¥2,500-   door/¥3,000-

Tickets Reserve&Ask for

info(a)office-gambino.com ※(a)を@に変換して下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR